24年前の自分。





今日、高校3年生の髪を切りました。



私が高校3年生の時の
野球部を引退して

髪を自由に伸ばせることに
なった時、

 

それまで丸刈りだった私は
髪をどうしていいか
分かりませんでした。

 

 

結局、

 

親が理容師ということもあって
伸びたから切るというだけでした。

 

ただ、

漠然とながら
本当はこうしたい!

みたいな想いがありました。

 

しかし、

どう伝えていいか分からない。

 

 

それまで
おしゃれとは無縁の
田舎の高校球児が

 

髪型の希望を
的確に伝えられるわけは
ないんですよね・・・。

 

そんな経験から
現在はお客さまと接するときに
こんな工夫をしています。

 

①様々な提案をする。

 

今の状態から出来る髪型は
こんな髪型が出来ますよ!

と言って
いくつかのパターンを提案する。

 

あとは、

将来こうしたい!
みたいなものがあれば
今、どうするべきか
という提案。

 

これによって
お客さまが具体的なイメージを持てたり、

自分の可能性を知ることが
出来ます。

 

②上手く言わなくて良いから
何か気になることや、
やりたいことの単語を言ってもらう。

 

髪の専門家でもない
素人の方が

的確に注文を出来るはずがない
と思っているので

支離滅裂な注文は
よくあります。

 

 

だけど

その注文の言葉の中に
その人がやりたい希望や気持ちが
入っています。

 

その中からキーになるものを
見つけ、

 

その人が何を求めているか
探っていくわけです。

 

 

これによって
思っていることを

上手く言おう!
と思わなくて良くなります。

 

 

言いたいことを言えば
後は私の方でひろい

 

誰に言われたわけでもない
私だけのカウンセリングのやり方です。

 

 

上手く言えなかったあの時、
こんな人がいたら良いな!

 

そんな人になりたくて
今日も新規の高校生をカットしました。



今後が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。