50才までにやりたいことは?




 

似合うってなんだろうか?




洋服であったり
髪型であったり



似合わないものを選ぼうという人は
いないですよね。




でも良いものを身につければ
おしゃれなのか?


ブランドものを身につければ
カッコイイのか?



それも違いますよね。




その人に似合っていなければ
違和感しかありません。






私が髪を切るときに意識しているのは
お顔に似合うということ以外に
その方の雰囲気に合っているか?
ということです。

  




例えばド真面目男子が
チャラい髪型をやっても
浮きますよね。

 

 

 




反対にチャラい雰囲気の方に
真面目な普通の髪型も違和感が出る。




もちろん基本的なカット技術があることが
前提ではありますが
どんな髪型を選択するかは大切です。




では、真面目そうな男性が
今時の髪型は似合わないのか?




というと
そうではありません。





真面目そうな男性は
急激に変化させずに

長い期間をおいて変化を
して頂きます。






なので一度と言うよりも
数ヶ月、

もしくは年単位で
ちょっとずつ変化を楽しんでもらいながら
変わって頂くというのも意識しています。






人は何かのきっかけで変わります。




それは
友人の一言かもしれません。



それは
たった一着の服かもしれません。


それは
たった一回のカットかもしれません。




真面目なタイプの方ほど
大きな変化を嫌うので

ご本人から何かのサインが出たときに
スタイルチェンジの提案をします。



お客さまが変わっていくのを
見ていくのは
とてもやりがいがあり
楽しいです。





私一人では無理ですが


ヘアデザイン

スキンケア

ボディケア

メンタル

ファッション



様々なエキスパートと手を組んで
かっこいいオヤジを作りたい!



そんなことを考えています。




それでは、また明日。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です