AGA治療薬で絶対に知っておくべきたった一つのこと~男の薄毛対策シリーズ④

 

 

 

 

今日のブログは
昨日のつづきです。



昨日の記事。


↓↓↓

 

 

先日のブログで
抜け毛を抑える薬や
髪を生やす薬があることを
お伝えしました。







薬を飲むことで
男性の薄毛の改善することを
するのですが、


それにともない
副作用もあるのも事実です!!









今日はそんな副作用や
絶対に飲んではいけないタイミング。

飲む上であらかじめ
知っておいて欲しいことを
お伝えします。








画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: images-59.jpg








 

絶対に飲んではいけない人は?




まずはじめに
男性の薄毛対策として

飲み薬を絶対に飲んでは
いけない人がいます!








それは・・・、






『子どもを作る時期の人!!』











男性の抜け毛を抑える薬は
ホルモンを操作する薬です。







そのため服用中に
万が一、
子どもを作ってしまうと

その子どもの生殖器に
異常が発生します!




男の子が泣く・男の子が幽霊の夢占いの意味は? | 夢占い説明書











と言っても





子どもを作りたいと思っている方は
絶対に飲んではいけないかというと
そうではないです。





具体的には



子どもを作る時の
2週間前には服用を止めればOK!





と、お医者さんも言っています。







それでも心配!!






という方は
1カ月前にストップすれば
良いと思います。







また、
精力減退などの話を聞いて
心配な方もいるでしょう。





現在発表されているデータでは
1~2%となっています。


そう心配する確率では
ありません。









それとお薬を飲む前に
知っておいていただきたいことが
もう一つあります。







それは・・・、





↓↓↓




髪の毛が抜けます!!






画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0faf6eb313dcaa5571da2cf3c29fd485.jpg




なんだ、そりゃ!?



と言いたいあなた。
ごもっともです。










なぜ髪の毛を増やしたくて
薬を飲んだのに
逆に抜けるんだ?







そう言いたいのは
分かります。




しかし、人間の髪の毛の性質上
新しい髪の毛が生えてくるときは

どうしても古い毛が
抜けなければ
新しい毛が生えられないのです。














と言っても
薬を飲んだ方


全員がそうかというと
そうではありません。









ただ、


薬を飲んだ後に
髪が抜けた方というのは

逆に言えば
薬が効いている証拠です。










これを薬の好転反応といいます。









なので





この時期(1~4カ月)を
乗り越えなければ
未来の自分には会えません。







ここを乗り越える自信がない方は
最初から辞めた方がいいでしょう。








ちなみに好転反応の割合、






つまり薬を飲み始めて
最初の頃に
髪がたくさん抜ける割は






『3~4人に1人』です。









いかがでしょうか?






☑髪の毛の抜け毛を抑える。
☑髪の毛を生やす。






これに伴い
副作用もあるのも事実です。



ゲインではこのようなお薬は
副作用があるため
飲む場合は


専門医師としっかりと
連携することが大切だと
考えます。







また


現在服用中の薬がある方は
飲み合わせもあるので
お医者さんと相談した方が良いでしょう。





明日はお薬を使わない
薄毛対策をお伝え致します。





つづく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。