刈り上げが本当に出来る人ってどんな人?その4

今日は夏至の日。

 

昨日とは打って変わって晴れ。

 

朝から蒸し暑さを感じます。
こうなってくると
夏が近いなって感じます。

 

 

基本的にオレは夏が好き。

 

 

 

昔から寒がりだったこともあったが、
熱いのはそんなに気にならないんです。

 

 

今日は一年で一番陽が長い日。

 

 

ビアガーデンの話も出てくる頃でしょうか。

 

 

 

さて、そんな日に書く今日のブログは
先日から書いている
『刈り上げが本当に出来る人ってどんな人?』
シリーズ。

 

今日は4回目です。

 

 

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ。

 

 

 

『刈り上げが本当に出来る人ってどんな人?』

『刈り上げが本当に出来る人ってどんな人?その2』

『刈り上げが本当に出来る人ってどんな人?その3

 

 

では本題です。

 

 

刈り上げにおいて
クシは定規の役割があり、
ハサミはクシの歯の根元で一直線上で切る
と伝えた。

 

で、そのハサミの使い方の続編です。

 

 

前回はこんな風に

 

↑クシの歯の根元で
一直線上で切ると伝えた。

 

 

ただ刈り上げって
同じところを切っていても
いっこうに髪型は作れないので
上に切り進みます。

 

 

というわけで
ハサミとクシを同時に動かしながら
切っていくわけです。

 

 

で、ポイントはここからです。

キレイな刈り上げを作るには
一定のリズムというのがあります。

 

ではそのリズムとは何でしょうか?

 

 

そのあたりを具体的に
説明をしましょう!

 

 

ポイントはクシの歯と歯の隙間にあります。

 

これを『クシの目』と言うのですが
こちらをご覧ください。

 

 

で、このクシだと
この目の大きさが『3mm』です。

 

刈り上げをハサミで行う場合
ハサミを開閉して刈り上げるわけですが、

連続ではさみを開閉しながら
クシが進んで行き
刈り上げが出来るわけです。

 

ここで連続ではさみを開閉する場合に
それに合わせてクシも上に進むわけですが、

 

このクシの進む距離が大事なんです。

 

 

↑例えばこのクシだと
クシの目の大きさが3mmなんです。

 

この場合、一度に
切れる毛束は3mm×3mmとなります。

 

ちょっと分かりにくいので
こちらを見てください。

 

 

3mm×3mmの四角が
一回のハサミの開閉で
正確に切れる毛の量なんです。

 

 

なので
ハサミを一度開閉して髪を切ったら
左手に持つクシが次に上がって良い距離は
3mmなんです。

 

そしてこれを連続で行うのが
刈り上げです。

 

もちろんクシの大きさが変われば
クシの目の大きさは変わるので
この進む距離も変わります。

 

3mmずつ左手を動かす・・・。

 

 

 

はっきり言って難しいです!

 

 

ただ、人間トレーニングをすれば
必ず出来るようになるものです。

 

こういう基礎が出来ている技術者の
刈り上げはなんといっても
『品』があります。

 

 

そんな刈上げスタイルが
オレは好きです。

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

現在の予約状況はこちら。

予約状況

 

 

ライン予約はこちら。

ライン予約について

 

 

7月1日から一部料金を改正致します。

詳しくはこちらをお読みください。

料金一部改正のお知らせ

 

 

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911
【ご予約】
090-8857-3883
【定休日】
毎週火曜日、第1.3月曜日
【ホームページ】
http://barbershopgain.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です